8/19(水)中華風カツ丼、ラーメン

熊本二日目、天草の朝、ビジネスホテルの部屋で6時前に起床。前日はベッドで寝転びながらパソコンを開いていたまま眠ってしまったようだった。さっと支度をしてチェックアウト。朝もやの中を車を走らせてKさん夫婦の自宅件工房に向かう。里山の中の古民家を改装した風情のある建物だった。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200823162648p:plain

玄関先に焼き上がったばかりのうつわを並べられており壮観だった。しげしげと眺め、しかしまずは先に行く所があるのでKさんの車に乗せてもらって出発する。富岡海水浴場に連れて行ってもらった。まだそこまで気温は上がらず過ごしやすく、風は穏やかで海も凪いでいた。f:id:nichijo-ni-ikiru:20200823162636p:plain

美しい海と美しい真っ白な天草陶石を見ることができた。海岸で見つけた良い岩をいくつか借りていくことにした。帰る頃にはだいぶ暑くなってきていて、少ないながらも地元民らしき人たちが海に入って泳いでいるのを見て羨ましくなった。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200823162830p:plain

再びKさん夫婦の自宅に戻って併設の工房/ギャラリーをじっくりと見せてもらう。空間自体が素晴らしく素敵だった。次はぜひ夜に伺いたい。日が高く上がった状態で玄関先に置かれた皿を見ると天草陶石のきらめきがはっきりと分かり、これはぜひ自分の店でも窓際に展示して自然光の下でこの美しさを伝えなければ…!と思わされた。他の作品もどれもこれも良く目移りしてしまい、セレクトするのに大変苦労した。なんとか初回の買い付けをさせてもらい、個人的にもKさんの作風の中では珍しい色のカフェオレボウルを購入して買い付けの旅の目的を果たした。昼時になっており、昼食を一緒にどうかとお誘いいただいたので、車2台に別れておすすめのお店に連れていってもらった。龍華園という街中華という風情の店構えのお店で、しかしカツ丼がイチオシだというので言われるがままに頼んで出てきたのがこれ。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200823160836p:plain

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200823170449p:plain

中華風だけど出汁の風味も感じるとろとろの餡がカツにかかっている。絶妙な甘みがあってザクザク一気に食べてしまった。地元で知らない人のいない名店だというのが頷ける。来店客はあまりなかったが、電話が良くかかってきて店員さんが岡持ちを下げてひっきりなしに配達に出入りしていた。また来たいと思えたし、Kさん夫婦が連れて来たがったのにも納得だ。店の駐車場で握手を交わしてお二人とは別れた。天草は他にも見どころが多そうで今後も何度も訪れたいと思った。

帰りがけに上島に入ったばかりのところにある本渡温泉センターに寄ってオーシャンビューの温泉に浸かった。他に客はおらず上質なお湯をじっくり楽しめた(車に戻ったら地獄の暑さで結局すぐに汗かいたけれど)。海沿いの道では有明海の干潟の様子も見ることができて良かった。途中道の駅的な施設に立ち寄って地元で製造された醤油などをいくつか買った。ちょっと時間が余るかなと思っていたら渋滞とはいかないまでもそれなりに車が多くて結構良い時間にレンタカーショップに到着となった。空港まで送ってもらい、チェックインするついでに荷物を測ってみたら石の重みなどもあって制限ギリギリだった。帰りはジェットスターで関空まで飛んだ。着陸態勢に入る直前の窓の外の景色が美しかった。空港からは南海電車と地下鉄に乗って寄り道せずにまっすぐ帰宅した。ひとりで約36時間留守番した猫が心配だったのだが、案外半日外出していた時くらいの感じでじゃれついてくるだけで、部屋に変わったところはなく、カリカリも減ってうんちもおしっこもちゃんと済ませている様子だったので安心した。安心したら人間の腹が減ったので自転車で街まで出てラーメンとチャーハンのセットを食べて帰った。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200823160854p:plain