6/20(土)中央軒のちゃんぽん、揚げびたしそうめん

12時半頃起床。ちゃんぽんが食べたい気分。京都に行きたい気分も残っていたが人が週末は人が多そうなのと電車に乗りたくない気持ちが勝って却下。なんばウォークの中央軒でちゃんぽんとチャーハンのセットを食べた。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200621014114p:plain

なんば周辺に何店舗もある有名なお店のようなのだけど今回初めて食べた。優しい味で野菜もたくさん摂れてよかった。たまに食べるには良いかもしれない。このセットで1,300円するので日常的に食べるものではない気がする。行く宛もなくだらだらと北上するうちに本町付近に到達、以前通りかかったときにコロナの影響で臨時休業していて入れなかったうつわ屋さん「Meetdish」が営業しているのを見つけて迷わず入る。黒木泰等さんの個展が催されていた。非常に美しい織部のガラス質の緑と持ったときにハッとするくらい軽やかで繊細な手触りにビッときた。小皿「織部輪花銘々皿」と小鉢「織部ひらひら五寸浅鉢」を購入した。

黒木さんの他の作品はもちろん、店内にはその他作家の素晴らしい器の数々に溢れていてかなり迷いが出た。脳に多大な負担がかかる感覚があった。迷い過ぎて判断力が急激に低下するというか。魅力的な選択肢が多すぎるのも考えものだと思う。わたしが店をやるとしたら?今借りようとしている店舗の広さは今日行ったお店の半分くらいか?コンセプトは?ターゲットは?適切なセレクトとレコメンドとは??考え出すと頭が痛くなってくる。 

うつわ屋さんを出て更に西に歩を進めてこじゃれたセレクトショップを覗いてから帰宅。買ってきた皿をさっそく夕食に使った(つるつるしたガラス質の釉薬なのでしばらく水に浸せばよかろうと思い)。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200621014037p:plain

茹でて冷たく締めたそうめんに揚げびたしを出汁もろともたっぷり乗せたもの。出汁が最高なのでまずくなるはずがない。マヨネーズを少し添えたらとても良いアクセントになった。あとは冷奴とスーパーで半額になっていた味付け済のトンテキのようなもの。肉の色とマスタードの黄色が鉢の鮮やかな緑に映えて美しかった。