6/15(月)チーズナンセット、ガパオライス

10時頃起床。カレーが食べたい気分だったが第1候補の印度屋、第2候補のデッカオともに遠く歩いていく気力は無かったために近所のインドカレー店に入った。いつものチーズナンセットはいつもどおり美味しかった。カレーとナンは安定してうまいのだけどタンドリーチキンみたいなやつは毎回食感が変わる気がする。面白いから良いけど。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200616022631p:plain

コンビニで牛乳だけ買って帰宅、アパートの空き室案内用に改装された空き部屋に入れてもらって内装の写真を撮る。なかなか良い造りだった。自室に戻って掃除・洗濯してコインランドリーで乾燥機を動かす間にいつもの喫茶店まで歩いてブレンドの珈琲豆200gを買い求めた。梅雨はもう終わったのかというくらい良く晴れて湿気もない快適な天候だった。洗濯物を回収して帰宅。16時頃の室内には明るい西日が差していて穏やかな雰囲気。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200616022541p:plain

うとうとする猫を見ていると眠気に襲われて入眠。3時間ほど昼寝した。夜はガパオライスを作成した。昨日のナンプラー茹で鶏のスープが少し残っていたので水で伸ばして胡椒入れて卵入れてネギ入れてスープにした。悪くなかった。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200616022215p:plain

裏世界ピクニックの最新刊をようやく読んだ。主人公ふたりの関係性が意外なほど急激に変化/進展して度肝をぬかれた。ゲロ味のキス、とてもいいですね…。 ネット由来の都市伝説を下敷きにしたホラー描写は相変わらずちょうど良い気味悪さで飽きること無くさっと読めた。ふたりの裏世界への過適応とも呼べるのめり込み方が異常性を帯びてきていよいよ不穏な雰囲気が漂う。次巻もとても楽しみだ。

裏世界ピクニック4 裏世界夜行 (ハヤカワ文庫JA)

裏世界ピクニック4 裏世界夜行 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者:宮澤 伊織
  • 発売日: 2019/12/19
  • メディア: Kindle版