2020.02.15 広島日帰り小旅行

2/15(土)

朝9時の新幹線に乗って広島に行き、夜9時前の新幹線で帰ってきた。短くも充実した、文化的な小旅行となった(そして散財した)。写真を中心にメモしておく。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217043202p:plain

行きの新幹線で駅構内で買ったヨコオの牛カツサンドイッチを食べた。小さなサンドイッチ4片で980円。おいしいはおいしいけれども満足度は中くらい。食べるのは初めてだったのでこれも良い経験だと納得できた。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217043510p:plain

新大阪から一時間半ほどで広島駅に着いた。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217043726p:plain

可部線というのに乗り継いで2つ目の横川という駅で降りた。南口の商店街を歩く。午前11時頃、人は少なかった。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217043932p:plain

横川創苑というギャラリーに入った。この小旅行一番の目的の佐藤麗生さんの個展「メンタルスケッチ展 LOVE? PEACE? HARMONY?」を観た。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217044204p:plain

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217044319p:plain

元々はこの作家さんが(兄弟で)製作している「ぬい天」というぬいぐるみが好きで(2体持っている)、ツイッターもフォローしているのだけど、広島で絵の個展を開くというのでぜひ行きたいと思っていたのだった。ギャラリーは展示物がよく映えるこじんまりとしたスペースで、そこに小ぶりな絵(メンタルスケッチ)が大量に展示されている様は圧巻だった。ポップながらもどこか不穏な気配のする作品が多くてゾクゾクした。絵の販売もしてたんだけどあまりにお手頃価格すぎて驚いた。テンションが上がって4枚購入した。この日は会期の3日目で、すでに売約済の作品もいくつかあったけれど、作家さんのツイッターで見てかねてより狙っていた作品のほとんどを購入することができて満足した。それらの絵が自室に飾られているところを想像するだけで嬉しくなってしまう。きっと部屋の空気を一変させてくれるだろう。それだけ魅力と異質感に溢れた素晴らしい作品たちだった。会期終了後に届くのが待ち遠しくて仕方がない。あいにく作家さん本人は不在だったのだが、ギャラリーのマネージャーの方に横川地区のおすすめのショップやギャラリーを教えてもらったりした。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217045150p:plain

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217045157p:plain
f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217045205p:plain

教えてもらった別のギャラリーに行く途中に良い外観のコーヒーショップがあるのが目に入ったので近づいて見てみるとカレーも出しているのが分かったので昼食を摂ることにした。イリガン珈琲店というお店で、カレーも味わい深くて良かったがコーヒーが非常に美味しかった。程よい酸味があって好みに良く合った。

食後は横川創苑で教えてもらった「カモメのばぁばぁ」というギャラリーに向かった。ドアは閉まっていて一見してオープンしているのかわからず、入り口の前で逡巡していると中からオーナーらしき人が手招きしながらドアを空けてくれたので入ることができた。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217050100p:plain

松本香菜子さんの日本画の個展をみた。ご本人も在廊されていて少しお話することができた。現在在住している尾道の自然の風景を描いたという作品たちは、淡く少し霞がかったような色彩がとても素敵で非常に惹かれるものがあった。これもまた自室に飾ることを想像したらとてもしっくりきそうだった(ただし今のわたしにはちょっと手が出ないお値段だった)。じっくり鑑賞しているとオーナーさんから急に携帯電話を渡された。わけも分からず出ると、通話先は先ほど横川創苑で見た個展の作家さん本人で、今は在廊しているから良ければ挨拶させて欲しい、ということをわざわざ伝えてくれたのだった。わたしが食事している間に、横川創苑のマネージャーの方がギャラリーのオーナーさんにそれらしい風体の人間が来たら教えてくれと連絡していたらしい。そして再び横川創苑に訪問し、作家の佐藤さん本人にご挨拶することができたのだった。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217053026p:plain

横川創苑を辞去した後は横川駅の北口方面に向かい、これもマネージャーに方に教えてもらった「本と自由」という古書店に行った。古い長屋のような建物でカフェも併設されていて理想的な雰囲気の空間だった。おまけに品揃えも素晴らしく、地元のリトルプレスがあったり社会科学系の書籍も充実していたりで眺めるだけで楽しくなる本棚がたくさんあった。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217053054p:plain

三冊の本を購入した(左のは新品)。中でも知の欺瞞のハードカバーが500円で買えて嬉しい。なおここでも店員さんから「もしかしてさっき横川創苑に行かれてた大阪からの方ですか?」などと声をかけられて、この辺りのお店のつながりの強さに笑ってしまった。すでに横川創苑には再訪してきたことを伝えた。

横川エリアを離れ、ずっと南下して本川町という場所を目指した。リーダンディートという書店/雑貨店が目当てだったのだが、道の途中で小さなレトロビルの3Fと4Fに入居している雑貨店を覗いてみると凄く好みな感じで、その2つの店で時間と金を使ってしまい、本命だったはずのリーダンディートには行きはしたものの結局何も買うことはなかった。

約束の時間に20分ほども遅れて待ち合わせ場所の公園に行き、初めて会う人に会った。

取り組んでいる活動についてなど興味深い話が聞けて楽しいひとときとなった。ちなみになぜか喫茶店代をご馳走してくれた。待ち合わせに遅れ、お茶をおごってもらっておきながら相手をやべー奴呼ばわりするわたしの方がよっぽどヤバい奴なのだった。別れたあとは土橋という駅から路面電車に2駅ぶんだけ乗って、あてどなくひたすら街を散策した。原爆ドームを眺めたり物産展でお土産を買ったり広島城に見たりした。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217060241p:plain

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217060312p:plain

暗くなって腹が減ってきたところで近くで評判の良さそうな「一銭洋食」というお店でお好み焼きのスペシャルを食べた。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200217055852p:plain

一味をふって食べると大変おいしかった。店を出ると小雨が降っていたので折りたたみ傘を開いて歩き出した。広島駅まで歩いて、帰りの新幹線までまだ少し時間があったので駅前のデパートのジュンク堂書店に寄るなどしてから新幹線に乗りこんだ。22時頃新大阪に着き、雨は降っていなかったので歩いて淀川を渡り、中津から地下鉄に乗って帰宅した。

よく歩き、いろいろな人と交流し、新しいものを見て買って充実した一日となった。

 

散財したものたち