読んだ本とマンガ/2019年12月

2019年12月に読んだ本とマンガをメモしておきます。とても少なかったです。

グッド・バイ・プロミネンス (フィールコミックス)

グッド・バイ・プロミネンス (フィールコミックス)

  • 作者:ひの宙子
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2019/08/08
  • メディア: コミック
 

とても良かった。血縁や、友情や、腐れ縁で繋がった人びとの複雑で濃密な関係性を描いた恋愛群像劇ともいうべき短編集。とても好みの作風だった。恋愛といっても様々なバリエーションと濃淡があってそれもまた面白かった。絵柄もどこか佐々木倫子風味ですっきりしていて読みやすい。このそっけなさすら感じる画風が重めのテーマの短編も読みやすくしてくれている気がする。非常に推せる!

愛が嫌い

愛が嫌い

  • 作者:町屋 良平
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/06/27
  • メディア: 単行本
 

町屋良平作品を続けざまに読みすぎて”情緒疲れ”してしまったかも。初期の衝撃は感じなかった。でもこれは読者(わたし)の問題だろうな。少し時間をあけて読み直してみようかと思います。

さすがに漫画はもうちょっと読んでるんじゃない?と思って確認したけどほんとにこれだけしか読んでいなかった。何があったんだ12月…。