2019.12.21 NABOWA 15TH ANNIVERRSARY LIVE "Tales of Brave NABOWA", 渋谷WWW(東京)

12/21(土)東京でも歩く

NABOWAのライブを観に日帰りで東京に行った。15周年ライブの最終公演でそれはそれは素晴らしいひとときだった。NABOWAのライブは10月のボロフェスタ、12/1の京都磔磔に続いて3回目だったけれど、常にその時が一番良いと思わせてくれる凄いバンドだと思った。ほんの2ヶ月前まではバンドの存在自体知らなかったとは。自分の限られた観測範囲の外にはまだまだ素晴らしいものがたくさんあるのだろうな。この先の日々に対しても気力が湧いてくるような気がするよ、などと大げさなことも考えてしまった。

もともと年内のライブは京都磔磔で最後かなと考えていたのだけど(2月の公演のチケットはすでにおさえてある)、東京公演のライブ無料招待というキャンペーンを見かけて気軽な気持ちで応募したら当選したのだった。どうしようかなと思いつつ、2名まで招待してもらえるというので磔磔のライブに一緒に行ったOさんに声をかけてみると二つ返事で行きたいとのことだったので参加を決めたのだった。

当日の11時頃の新幹線で発った。普段ひとりで東京に行くときは3列席の窓側に座るのが常なのだけど、今日はふたりだったので2列の方の並びの席を取ったら見える景色が新鮮で面白かった。校庭のすみに巨大な頭部のオブジェ(?)が転がっている等が見えた。東京には13時半頃に到着した。池袋に移動して開楽本店という中華屋で麻婆豆腐丼とでかい餃子を食べた。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20191223075151p:plain

食後はとしまエコミューゼタウンまで歩いて10Fから4Fまでのビオトープを見学した。あっさり終わってしまったのでライブハウスのある渋谷に向かって散歩することにした。

雑司が谷の周辺で手塚治虫の元下宿先を探したり(結局よくわからなかった)、入り組んだ路地をうろついて猫を見たりしつつ、西早稲田・新宿・原宿を経由して、(ルートに組み込まれていた明治神宮が閉門していて迂回路を探すのに手間取ったりもしたが)時間ぴったりに渋谷のWWWに辿りついた。ロッカーに荷物を入れてドリンクをもらってメインフロアの一番うしろの列に場所を確保した。ほどなくして演奏が始まった。圧巻だった。今年知ったばかりのにわかとはいえもう三回目なので、聞き覚えのある曲も増えてきて、イントロでどの曲かわかることもあり少しうれしかった(相変わらず曲名はわからないけど)。演奏はじょじょに激しさを増して、極限まで高められた緊張感が一気に解き放たれるカタルシスは尋常ではなかった。強く感動を覚えた。Oさんも感じ入っている様子だった。交通費をかけてでも来てよかったという意見は一致した。

終演後は急いで品川まで移動してサンドイッチを買い込んで最終1~2本手前の新幹線に乗って帰阪した。慌ただしいながらも満足度の高い一日だった。