12/1 NABOWA 15TH ANNIVERSARY LIVE, 磔磔(京都)

12/1(日)

午後家を出て京橋でカレーを食してから京阪に乗って京都に向かう。今日の行き先などは阪急を使った方が近いのだけど、最近はなんとなく京阪に乗りたい気分になっている。三条で降りて即鴨川を渡ってちらちらお店を覗いて(目当ての皿を見たがサイズ感がしっくりこず)、築地でウインナーコーヒーを飲んでから磔磔というライブハウスに向かった。近くのスーパー(フレスコ)が結構安くて品揃えも良くて、この辺りに住みたい気持ちになった。

ライブハウスに入るとOさんが先に来ていたので隣に並んだ。磔磔は初めてだったけれど、元酒蔵だという建物は外観内観ともにユニークで、待ち時間もキョロキョロ内装を眺めて飽きることがなかった。Nabowaのワンマンライブを観るのも初めてだ。先日の京都ボロフェスタの短いライブを観て魅了されての今日なので期待値は俄然高まる。その期待が裏切られることはなかった。曲は事前に多少聴き込んでいったものの、そこまで覚えているわけでもない状態で臨んだのでノリ切れるか多少不安もあったのだけど杞憂に終わった。体は勝手に動いた。磔磔の音の反響の仕方も非常に良かった。あっという間に終わった。あまりに感動的なライブだったので、普段滅多なことでは物販に手は出さないのだけど思わずTシャツを買ってしまったのだった。

夕食を摂りにOさんが見つけてくれていた店に移動する間もよかったね~と言い合って感動を分かち合っていた。祇園四条近くのマグロファクトリーという店でマグロ料理をたくさん食べた。結構おいしくて結構おっと思うほどリーズナブルだった(気がする)。食べられていないメニューが多くあるのでまた行きたい。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200107185757p:plain

どういう話の流れでそうなったのかいまひとつ判然としないが、Oさんもわたしも素晴らしいライブと酒の影響で高揚していたのだろう、歩き出すことになった。それぞれの自宅の徒歩での最短ルートを調べると、わたしのルートがちょうどOさんのルートを経由する形になっていたので一緒に歩いて帰ることにした。Oさんの自宅までは約30キロ、わたしの自宅までは50キロちょっとあるようだった。長距離を人と歩くことがそうないので新鮮な気持ちだった。始めのうちは大きな幹線道路沿いをすいすい歩けていたのだけど、途中からマップが容赦なく暗く細い道に誘うので少し怖い思いもした。ひとりだったら到底通る気になれないような川沿いの土の道を歩いたりもした。深夜に稼働する工場街を通った時は、暗闇の中に浮かぶ工場の灯りが勇気をくれるようだった。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200107190355p:plain

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200107190413p:plain

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200107190427p:plain

ぽつりぽつりと会話しながら夜の道を往くのは楽しい。妙な高揚感すらあった。ついにOさんの自宅方面との分岐に至り、別れた。最後まで歩き通すつもりだったけれどひとりになった瞬間に雨が降ってきて、傘を持っていなかったので慌てて最寄りのコンビニに駆け込んだ。最寄りといってもたどり着くまでに10分近くかかったので全身が結構濡れてしまった。そこからしばらく歩いたが、からだが冷え冷えとしてきて脚も痛かったので、結局京阪の光善寺駅から始発電車に乗って帰ったのだった。32キロほど歩いた。