読んだ本とマンガ/2019年7月

2019年7月に読んだ本とマンガをメモしておきます。

山田と加瀬さん。(1) (ひらり、コミックス)

山田と加瀬さん。(1) (ひらり、コミックス)

 

この二人ももう大学生かあ…。ほっこりする。

 

ひとりかごめ (バンブー・コミックス)

ひとりかごめ (バンブー・コミックス)

 

麻衣の虫ぐらしが良かったので。作風はうってかわってホラー短編集。表題作も良かったけれど他にもなかなかぞわぞわさせてくれる佳作揃いだった。

 

マグネット島通信 1 (BUNCH COMICS)

マグネット島通信 1 (BUNCH COMICS)

 
マグネット島通信 2巻 (バンチコミックス)

マグネット島通信 2巻 (バンチコミックス)

 
マグネット島通信 3巻(完): バンチコミックス

マグネット島通信 3巻(完): バンチコミックス

 

これは失敗。台詞回しがいちいち受け付けなかった。絵柄も相まってキャラが血の通っていない人形のようにしか見えない。

 

水は海に向かって流れる(1) (KCデラックス)

水は海に向かって流れる(1) (KCデラックス)

 

偶然が重なってごく狭い舞台で濃密な血縁/人間関係が描かれる作品に対してはあまり良い印象はなくて、偶然がきちんと偶然として描かれるぶんには良いのだけどそこに作為的な匂いを感じてしまうともうダメなのよね。で、この作品は微妙。続きは読むかもしれないし読まないかもしれない。

 

呪術廻戦 6 (ジャンプコミックス)

呪術廻戦 6 (ジャンプコミックス)

 

姉妹校との団体戦に呪霊軍団が襲撃をかけてくる。東堂による実践訓練(?)のおかげで虎杖の覚醒が捗る。って東堂ってあらゆる意味でチートなキャラよね。面白いから良いけどこれ以上狂言回しっぽくなってほしくはないかな。

 

スキップとローファー(2) (アフタヌーンKC)

スキップとローファー(2) (アフタヌーンKC)

 

1巻のときには少々辛辣な感想を書いたりしたけれど今では深く反省しています。とても素晴らしい2巻でした。ひとりだけ嫌われ役として貧乏くじを引かされた(ように見えた)江頭さんに今巻ではきっちりとスポットがあてられて、主人公のみつみちゃんとの関係性が暖かくほぐれていく様が丁寧に描かれていた。それに妙に感動させられて泣きそうになってしまった。心の許さじリストとかめちゃくちゃよく分かるんだよな~。部分部分で江頭さんに共感していたから彼女が吹っ切れた姿を見て自分も救われたような気持ちになったのかもしれない。志摩くんとの進展も大いに見られた今巻、ラブコメ方面に突き進んでいくとしたら少し寂しいような気もするけれど目が離せない作品です。

 

ユリゴコロ (双葉文庫)

ユリゴコロ (双葉文庫)

 
アミダサマ (新潮文庫)

アミダサマ (新潮文庫)

 
九月が永遠に続けば (新潮文庫)

九月が永遠に続けば (新潮文庫)

 

沼田まほかる作品をいくつか読んだ。初めにTwitterのTLでユリゴコロの感想を見かけて興味を持って読んでみたら非常に心を動かされたので他作品を図書館で借りて集中して読んでみた。いずれの作品にも、理性や情欲を超越した運命とか前世の縁といった自分自身ですらコントロールすることのできない人と人の繋がり、完璧に強固な絆といったものに対する作者の怨念が込められているようで読んでいて空恐ろしい気持ちになった。人知を超えた絆のどうしようもない離れ難さの描写は中毒性が高くて上記3冊目までは夢中で読んだのだけど、4冊目に読み始めた『彼女がその名を知らない鳥たち』はそのあまりに息苦しさを感じる読み応えにノックアウトされて途中で読むのを断念した。