9/14(月)サンドイッチ、茹で鶏

 
 

8時半頃起床。9時になるのを待って近所のパン屋さんに行くと臨時休業中であったのでスーパーでサンドイッチ等を買って帰宅。早速食べる。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200915093259p:plain

12時過ぎに一度店に行き、掃除ロボを動かしてから部屋に戻って読まなくなった本などを店に並べるための準備をしたりする。涼しい風が吹いていて一気に過ごしやすくなったと思ったけれど、コンビニまで水を買いに数分歩くと案外日差しが強くてちょっと汗ばむ。13時過ぎに看板を出して開店。すぐに来店があり、どうやら目当ての作品があったようで素早く選んで風のように去っていかれた。一緒に出したばかりの古本も買っていただけた。仕事の昼休みに寄ってくれた感じなのかしら。平日にありがたいことだ。その後もツイッター上の知人が結構遠いところから来てくれて良い皿を選んでくれたり、出不精だという方がわざわざ来店していくつも作品を買ってくださった。ありがたいことだと思う。会計待ちが発生することもなく、ちょうどよい客足という感じだった(経営的にちょうどよいかどうかは分からないけど)。お客さんがいない時間帯は、部屋から持っていった絵や絵葉書を壁に飾るなどした。キャッシュレス決済の設定は億劫でまだ進まず。いい加減やらなければ(現金の取り扱いは既に正直かなり面倒だ)。19時に閉店。店内の照明がやはり暗い気がする。雰囲気重視で電球色のLEDで揃えているのだけど商品が見え辛くなってしまっては本末転倒だ。ということで電球色よりももう少しナチュラルで明るいと言われる温白色の電球を注文してみた。ルーメン的にも倍近くなるはずなので期待している。

昨日も感じたことだが、この店の徒歩圏内には有名な喫茶店や(古)書店などが結構あるのだけど、そもそもこのエリアに来るのが初めてだというお客さんが多く、本好き・コーヒー好きであっても土地に馴染みの無い方にはそういった”有名店”もまだあまり知られていないようだ。つまりそうした有力店にもまだまだパイというか伸びしろというか嗜好が合致する未開拓の客層はまだまだあるということで、エリア全体の認知度が高まればすでに素晴らしいコンテンツを持っている既存店に引っ張られてうちの店にも明らかに恩恵はありそうだということだ。なので今後もお客さんと喋る機会があったら近隣の好きな店をどんどん紹介していこうと思う。

なんやかんやあり20時前に部屋に戻り、そこから洗濯機を回してコインランドリーで乾燥させ、帰宅して食事の用意をしたら23時頃になってしまった。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200915093216p:plain

鶏の肩肉に下味をつけて茹でて酢醤油やたっぷりの薬味で和えたもの・茹で汁で作ったタマゴスープ・酢の物。スープにひとつかみの揉み海苔を入れたら大変おいしかった。食後激烈な眠気に襲われ、なんとか洗い物だけは片してから就寝。今日はちゃんとベッドで眠った。

9/13(日)うどん

開店初日であった。

前日から眠ることなく店の設営作業を進める。ディスプレイスペースが足りずに部屋から無印のキッチンワゴンやサイドテーブルなどを持っていってなんとか形にする。結果としてなかなか良い雰囲気の空間ができた気がする。反面自分の部屋は”すかすかした”感じになってしまったが。不眠・不休・不食状態で大急ぎでシャワーだけ浴びて13時に開店。SNSでも報告する。

実は事前にDMなどで問い合わせが来ていたので、初日からそれなりに来店あるのでは…と期待半分怖さ半分の心地だったが、開店すぐに早速来店があって驚いた。ツイッターを、しかも個人アカウントを以前から見てくれていた方だった。良いものを選んでくださって嬉しかった。幸先ええなあ、などと思いながら初めてのお客さんを見送るそばから入れ替わりでまた来店があり、その後も立て続けに多くの方に来ていただいてほとんど何も考える間もなく必死に対応した。初日かつ休日というのを舐めていた。領収書の書き損じ・商品梱包の手間取り・電卓に打ち込んだ合計金額をクリアしてしまい慌てるなど拙い接客スキルが露呈しまくった。平謝りしながらなんとか対応。最後の最後に盛大なやらかしを犯してしまってお客さん・作家さんに激しく謝罪。暖かな反応に救われた。反省点は多く、しかしやってみなければ分からないこともまた多く、なので今後の改善に活かしていければと言うところ。大家さん・マンション住人の方にも覗いてもらえた。失敗もあったけれど総じてとても良い初日を迎えられたと思う。19時過ぎに閉めたが色々後始末をして部屋に戻ると21時に近くなっていた。こがらやさんの宅配を頼もうかと思ったが、前日から丸一日食事を取っておらず空腹が限界に達して30分も待てないくらいの状態だったので冷凍うどんを茹でて卵黄・たらこをトッピングしたものを手早く作ってかきこんだ。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200915100051p:plain

酢の物も食べたかったが作る手間が惜しかったのとそもそも材料も何も無かったからプチトマトにかんたん酢をかけただけのもので酸っぱさを補給した。食後あっという間に寝落ち。次の日目覚めたら床の上に横たわっていた。歯も磨かずに寝てしまったのはいつぶりだろう。食器はシンクで水に漬けられていて最低限の後片付けはこなしていたようだった。

9/12(土)町中華、ココイチ

 

早朝に起床。店に行って開店準備作業を進める。コンビニで店名を印刷した紙を切り抜いてステンシルの要領で古い木の板にペンキで文字を塗りつける、もまあまあ失敗する。やすりでペンキを削ってそれなりに修正してから防水スプレーを吹き付けてひとまず完成。腹が減ったので近所の町中華屋さんで日替わり定食を食べる。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200915103018p:plain

帰宅後作業続行。SNSで「明日オープンです」と告知してしまったのでいよいよ尻に火が付いて無心に作業を続ける。主力作品の値付け作業をなんとか終える。21時過ぎにココイチに行ってカレーを食べる。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200915103617p:plain

帰宅して更に作業続行。什器を組み立てディスプレイをああでもないこうでもないと試行錯誤するうちに窓の外が明るくなってくる。ひたすらに忙しく、しかしとても楽しい。

9/11(金)チヂミ、ステーキ

 

早朝、店の床に敷かれたダンボールの上で目覚める。即覚醒、最後の主力作品の検品に取り掛かる。販売用の商品の他に「開店祝いです」とメモが添えられたおれ宛のマグカップが同梱されており感激した。問題なく検品を終える。床の上をある程度整理できたのでモップで床を磨く。腰が死にそうになりながらも作業完了。綺麗になった床の中心部分に低めのディスプレイテーブルを設置して検品した主力作品を並べる。とても良い見栄えになり満足する。昼前になったので一旦部屋に戻ってチヂミを焼いて食べる。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200915104010p:plain

食後、銀行に行って両替機で釣り銭を作る。枚数に上限があるが無料で両替してもらえるのはありがたい。店で少し作業をしてから部屋に戻って仮眠をとる。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200915103931p:plain

夜はステーキを焼いてガーリックライス・酢の物と一緒に食べる。勢いがつく感じのうまさだった。



9/10(木)吉野家朝定食、ラーメン

夜中から検品作業を行って朝を迎える。吉野家で朝定食を食べる。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200911173628p:plain

ご飯大盛り+普通サイズのおかわり一杯で腹がパンパンになる。帰宅後さらに検品作業。雨が上がったタイミングで外に出て100円ショップで店の備品を買い込む。スーパーに寄って食料品も購入。最後薬局に寄って床掃除用の洗剤を買う。結局店には外靴を脱いで入ってもらう形にすることにした。なのでまずは床をピカピカにしようというわけだ。とはいえ入荷した作品がダンボールに入ってそこここに置いて床に置かれたものを減らすべく検品および整理に勤しむ。

夜は自炊しようと思っていたのだけど、検品作業が一段落ついた時には我慢ならないほどの強烈な空腹に襲われており、これから料理する気にはならず外に飛び出して久しぶりに入るラーメン店で辛い麺と麻婆豆腐丼を食べる。

f:id:nichijo-ni-ikiru:20200911173655p:plain

うまかった。帰宅して最後の大物の検品に取り掛かろうとするも抗いがたい眠気が到来して店の床にダンボールを敷いて寝そべったら気絶するように眠りに落ちてしまった。